AGAスキンクリニックの誇る発毛実感率99.4%の治療方法とは?

発毛実感率99.4%を誇るAGAスキンクリニックの治療方法とはいったいどのようなものなのでしょうか。

 

AGA対策にはいろいろな方法があります。
多くの人が試すのが育毛剤や育毛シャンプーでしょう。
これらで髪の毛がフサフサになったと自信を持って言える人はいるでしょうか。

 

私はほぼいないと思っています。

 

なぜならば育毛剤や育毛シャンプーは医薬品ではないので、今ある髪の毛を維持するために多少の効果を期待できるかもしれませんが、薄毛が進行してしまった部位の復活をするまでの効果はありません。

 

しかし、病院で治療を受ければもはや毛根が死んでしまったのでは?と思えるようなところからも髪の毛が復活する可能性があります。
それは毛根が死んでしまったように見えても細胞レベルでは生き残っている場合もあるからです。

 

AGAスキンクリニックでの治療ならば、細胞レベルの復活もありえるのです。
99.4%の人が発毛を実感するのはどのくらい治療してからなのか、AGAスキンクリニックの公式サイトで確認してみるとこのような感じになっています。
AGAスキンクリニック発毛実感までの流れ

 

この発毛実感率99.4%は、4〜6ヶ月間治療を行った患者にアンケートを行い、「満足している」「かなり満足している」と答えた方の割合です。
ほとんどの人が半年も治療するとあきらかに髪の毛が増えたと感じることができるというはすごいですね。
これは世の中の薄毛で悩む男性にとって、希望の光とさえ言える結果ではないでしょうか。

 

どんな治療方法があるの?

病院でのAGA治療の基本はプロペシアなどのフィナステリド内服薬とミノキシジル外用薬ですが、一定以上AGAが進行しているとそれだけではなかなか発毛を実感できなかったり、発毛までの時間がかかりすぎてしまう人もいます。

 

AGAスキンクリニックは最先端のAGA治療ができる専門病院ですから、色んな治療法を網羅的に用意しています。
普通のフィナステリド錠の内服薬による治療やメソセラピー、治療とは違いますけれども自毛植毛もあり、総合的に薄毛について対応可能な病院です。
ここではその治療方法を紹介していきます。

 

一般薬による治療

一般的なAGA治療である投薬治療に使われる薬です。
AGAスキンクリニックにおいても基本的な治療薬として採用されていますので紹介します。

 

プロペシア

厚生労働省から認可されているAGA治療薬で、日本だけでなく、世界60カ国で承認されています。
プロペシアの主成分はフィナステリドです。
フィナステリドはAGAの原因である、DHT(ジヒドロテストステロン)を生成させる要因であるU型5αリダクターゼ(還元酵素)の働きを抑制します。

 

ザガーロ

プロペシアの次に日本の厚生労働省で認可されたAGA治療薬です。
ザガーロの主成分はデュタステリドで、フィナステリドと同様にAGAの原因である、DHT(ジヒドロテストステロン)を生成させる要因であるU型5αリダクターゼ(還元酵素)の働きを抑制しますが、フィナステリドよりも効果が高いといわれています。

 

フィナステリド錠「ファイザー」

フィナステリド錠「ファイザー」はプロペシアのジェネリック医薬品です。
効果はプロペシアと同様ですが、ジェネリックなので料金を抑えたい人におすすめです。

 

オリジナル発毛薬「Rebirth」

AGAスキンクリニックのオリジナル治療薬リバース

オリジナル発毛薬「Rebirth」は、AGAスキンクリニックで治療を受ける患者のほとんどに処方されており、オリジナルに配合された内服薬と外用薬のセットで使用します。
内服薬で体の中から髪の毛が生える環境を整え、外用薬で直接毛根に発毛効果を働きかけることで体の内側と外側から同時にAGA治療をするオリジナル発毛薬です。

 

フィナステリドとミノキシジルを主成分で配合されていて、その他にアミノ酸などビタミンをバランスよく配合しています。
フィナステリドとミノキシジルは、ともに世界中で発毛効果が認められた成分で、この二つを配合することで薬理作用の相乗効果が期待でき、さらには各種ビタミンが髪に栄養を与えてくれます。

 

AGAメソセラピー

AGAスキンクリニックのAGAメソセラピー

AGAメソセラピーは、頭皮に直接、オリジナルの発毛カクテルを注射する施術です。

 

発毛カクテルには、成長因子が含まれており、髪の毛の成長サイクルを補完することで発毛を促します。

 

 

 

より早く発毛の実感を得たい人や投薬治療のみでは改善が難しい人、部分的に気になるところを早く発毛したい人におすすめです。
AGAメソセラピーで注入される発毛カクテルの成分は以下のとおりです。

 

IGF-1(インスリン様成長因子)

毛包を刺激して健康な髪の毛を育てます。

 

bfGF(線維芽細胞増殖因子)

頭皮の血行を改善し、毛包を活性化させます。

 

VEGF(血管内皮増殖因子)

毛包に栄養を与えるための血管の新生を促します。

 

コエンザイムQ10

体内で生成されるタンパク質です。
細胞の再生に必要なエネルギーの生産を助け、頭皮の血行を促進して、丈夫な髪の毛の再生を促します。

 

ヒアルロン酸

健康な髪の毛の生成に必要な水分の補給、維持をしてくれます。

 

銅ペプチド

AGAの原因である、DHT(ジヒドロテストステロン)を生成させる要因であるU型5αリダクターゼ(還元酵素)の働きを抑制します。

 

総合ビタミン

髪の毛の健康を促進するビタミンです。

 

AGA幹細胞再生治療

人間の細胞を作る幹細胞を培養する際に幹細胞から排出される幹細胞成長因子にミノキシジル等の発毛成分を配合したカクテルを散布します。
幹細胞発毛カクテルの成分は以下のとおりです。

 

KGF/FGF-7

毛母細胞成長因子です。
髪の毛や皮膚の主成分であるタ ンパク質のケラチンを生成する毛母細胞を増やします。

 

HGF

肝細胞増殖因子です。
毛包を髪の毛を強化します。
休止期に入ってしまったヘアサイクルを活性化させる効果にも期待できます。

 

bFGF

塩基性繊維芽細胞成長因子です。
血管や皮膚を再生させます。
血管の新生を促し、頭皮の血流や毛包を活性化させます。

 

IGF-I

インスリン様成長因子です。
破損している細胞再生を助け、細胞成長を促進します。
毛包にある毛母細胞の細胞分裂を促進させ、発毛を助けます。

 

PDGF

血小板由来成長因子です。
細胞繊維芽細胞の増殖させ、たんぱく質(成長因子)となります。
発毛を促進させ、ヘアサイクルの成長期を長期間保持する効果に期待できます。

 

VEGF

血管内皮細胞因子です。
「bFGF」と同様、血管を新生させます。
頭皮の血流を活性化させ、毛包へ栄養を補給します。

 

TGF-β

トランスフォーミング成長因子です。
抗炎症作用を促進します。

 

aFGF

線維芽細胞増殖因子です。
コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を増やします。

 

EGF

表皮細胞成長因子です。
お肌のターンオーバー、しみ・くすみの改善を促します。

 

自毛植毛

自分自身の毛髪を使う自毛植毛です。
拒絶反応の心配がなく、自分の細胞を植え込むので生着率が95%と非常に高いです。
一度生着した髪の毛は普通の髪の毛と全く変わりなく成長し、生え続けます。
投薬治療が体に合わない人、部分的に一気に髪の毛を復活させたい人におすすめです。
Hair Moving植毛法と、切開しないスマートグラフト自毛植毛があります。

 

実際の治療の流れ

AGA治療はどのような手順で進んでいくのか?まだAGA治療をしたことがない人にとっては、当然の疑問だと思いますので、AGAスキンクリニックでの一般的な治療の流れについて紹介します。

 

AGAスキンクリニックは全国展開でどこでも同じ治療を受けれられるというのも一つの特徴ですから、どこのAGAスキンクリニックでも概ね同じような流れになると思いますので、参考にしてみてください。

 

インターネットで予約

まずはAGAスキンクリニックの公式サイトで無料カウンセリングを予約します。

 

来院、問診票に記入

予約日時に来院します。
受け付け後に問診票を受け取り、記入します。

 

問診票に自分の抜け毛や薄毛の状態を正しく把握するための回答を記入します。

 

問診

問診票をもとにAGA治療の専門医が患者の頭髪や頭皮の状態、身体の健康状態などを問診します。

 

カウンセリング

専門のスタッフさんによるカウンセリングです。
毛髪に関する相談や、発毛治療の内容やその注意事項、治療費などのあらゆる疑問に答えてくれます。

 

さらに患者ひとりひとりの悩みや不安を聴きながら、毛根や頭皮の状態を詳しく見るために頭皮をチェックします。

 

また、治療方針や薬の種類や費用について詳細を説明してくれますので、十分に理解できるまでわからないとことろや疑問点はどんどん質問しましょう。
カウンセリングはその病院で治療を受けるかどうかの重要な判断材料になりますので、ここでいい加減な対応や上から目線の対応などで不快感を覚えたりしないかなどもチェックしておきましょう。

 

治療開始

いよいよここからAGA治療を開始します。
一般的な治療の流れを紹介します。

 

写真撮影

AGA治療の効果はゆっくりと現れます。
毎日自分で見ていてもはっきりとした変化を感じ取るにはかなりの時間がかかります。
治療開始時点の髪の毛の状況を写真として記録しておくことで、治療の成果を客観的に見ることができるようになります。

 

血液検査

次は血液検査です。
AGA治療で処方されるフィナステリドやデュタステリドは現在最もAGA治療に効果が期待できる医薬品ですが、まれに体質的に合わなかったり、効果が出にくい人もいます。
血液検査をすることでこれらの治療薬が体に悪い影響を与えたり、体質的に効果を発揮しずらいことがないかを判断するため血液検査をします。

 

治療

患者の希望した治療プログラムに応じて、AGAメソセラピーなどを行います。
患者自身の希望やAGAの症状が投薬治療で十分と思われる程度の軽度なものであれば次の治療薬の処方に移行します。

 

AGA治療薬の処方

担当の専門医から処方する内服薬や外用薬について補助説明を行います。
AGA治療薬に限らず、医薬品には服用時に守らなければならないことや、気をつけなければいけない副作用もあります。
医師の説明をよく聴いて、使用法や使用量をきちんと守るようにしましょう。

 

通院

以降は定期的に通院し治療に取り組んでいきます。
通院のペースは病院や治療プランごとに異なりますが、だいたい約一ヶ月ごとに一回のペースです。

 

担当の専門医による診療を受け、健康状態や治療経過をチェックしてもらいながら、写真撮影からAGA治療薬の処方の繰り返して治療していきます。
AGAスキンクリニックは全国各地に院を構えていますので、出張などが多いサラリーマンの方でも安心して治療に取り組んでいくことができます。

 

トップページへ